Hot一息

誰がホットする!?ような記事をつづっていく!!

WBSS第2シーズン「井上尚弥VSファン・カルロス・パヤノ」戦を観て思った事。

   

 

WBSS(ワールドボクシングスーパーシリーズ)の第二シーズン・バンタム級が、今年2018年10月7日(日)に横浜アリーナで開かれた。

 

この試合をまだかまだかと待ち望んでいたのは私だけじゃないはずだ。

 

「井上尚弥」。この名前を耳にしたことがない人はどのくらいいるだろう?

 

今や時の人、いや、この男が日本を超えて世界一のスーパースターになるのはもう時間の問題かもしれない、といっても決して大袈裟ではないはず。

 

そう。この男とんでもない・・・。

 

今や誰にも止められない程、勢いにのっている、常識とは懸け離れた日本の誇りでもあるスーパーボクサー。

 

かといって、一切調子にのらず、謙虚で自信に満ち溢れた姿勢は今や多くのファンの心をつかんでいるだろう。

 

彼は今、「栄光」というレールの上を登りかけているに違いない。

 

日本の夢と希望をあずかった若き英雄

 

2018年10月7日(日)に横浜アリーナで「井上対パヤノ」戦が行われた。

 

結果は、1R1分10秒という速さで井上がKO勝利した。

 

試合内容は、サウスポーであるパヤノが先にジャブや左ストレートなどを仕掛けて様子をうかがった。

 

対する井上は、冷静に対応し、距離をとりながら相手の動きやクセを見極めているようだった。

 

そんな駆け引きが続くのも束の間、井上はパヤノの右腕の下から、突き上げるようなジャブで顔面にヒットさせる。

 

すぐさまパヤノは左拳を振りかぶろうとするが、井上のものすごく速い体重がのった右ストレートがパヤノの顔面を打ち砕く。おそらくこの時、井上はタイミングをわざと少しずらしていたように観えた。

 

両足からリングに崩れ落ちていくパヤノはもう立ち上がることさえできない・・・。パヤノにとっては何が起こったかわからないようなパンチだったに違いない。

 

ここで試合終了。まさかここまで早い決着になるとは思っていただろうか?まさに一撃必殺とはこのことなのだろう。

 

久々に鳥肌がたった。

 

スポンサーリンク

決して弱い相手ではない。

相手選手のパヤノは元WBA世界バンタム級スーパー王者という強者。

 

決して油断はできない相手だったが、そんな強者に攻防させる隙すら与えない井上はまさに「モンスター」といわれざるをえない存在だ。

 

試合後パヤノは、「決して油断したわけではないが、パンチが見えなかった」などとコメントしている様子をうかがうと、予想を遥かに上回るスピードだったに違いない。

 

私見でも、あの角度からとあのスピードとあっという間にふところに入り込んだあの距離では死角になり、到底見切れるパンチではなかったと思う。

 

井上自身も相手の弱点や対策を研究し、相当な練習をこなしてきたというような内容に観えた。

 

ラッキーパンチでもなく、あれは間違いなく作戦通りの完璧に狙ったパンチだったのだろう。

 

これからもロドリゲス、バーネット、テテなど強豪が立ちはだかるが・・・

これからも井上の前には、強敵という高い壁が行く手を阻むと思われる。

 

今回の大会に関しては、「本物の世界一」を決めるという意味での世界大会。ボクシング界の各団体からチャンピオンが集結し、総当たりを行う。

 

そのうちには、現チャンピオンではない世界ランカーもいるが、経験と実績豊富な強者ばかりだ。

 

選ばれし8人のトップランカー同士の対決。

 

まだ決定はしていないが、恐らく井上の次の試合は、IBF世界バンタム級王者エマヌエル・ロドリゲスとの対決になると思っているのだが、果たしてどんな激闘を繰り広げてくれるのかとても楽しみだ。

 

ロドリゲスの過去の試合を観て思ったのだが、彼は、スピードもあるし、相手をよく見ているのでカウンターが上手い。それでいてコンビネーションの組み立てもすごいコンパクト。

 

大振りすることなく無駄がない綺麗なショートアッパーは見事だ。どことなく井上と共通する部分があるようにも観えた。

 

井上を批判するつもりは全くないのだが、ロドリゲス戦はどう仕上げてくるだろう?今回のパヤノ戦のように、すんなりいくような相手ではないかもしれない。

 

一戦一戦油断できないが、最高のコンディションをつくり、最高の状態で、最高の舞台に立ち、私たちに大きな感動を与えてほしい。

 

繰り返すが、この男はとんでもない

 

私はボクシング経験者だから、この男の半端なさは、理解できる。

 

「努力なくして栄光は掴めない」、というのは最もだが、「努力だけでチャンピオンになることはできるかもしれないが、努力だけでスーパースターにはなれない」と思うのだ。

 

そこにはセンスや感性、感の鋭さという要素も必要になってくる。

 

井上はパンチ力が強いだけじゃなく、スピードが速いだけでもない。特に感の鋭さと、精密な相手との駆け引きには特別なものを感じる。

 

人と同じでは、スターにはなれない。自分にしかない「センス」を彼はもっている。そのセンスを来る日も来る日も磨きあげているのだろう。

 

観る度に彼は強くなっていく。

 

観る度に彼に自信がついている。

 

観る度にカッコよくなっていく。

 

観る度に遠い存在になっていく。

 

「井上はちょっと違うなぁ。あまり、ああいうタイプはいない」

余談だが、私は学生時代、元オリンピック代表の指導者H氏にボクシングの指導を受けて育ったのだが、数年前久しぶりにお会いしたときに、井上のことをどう思っているのか尋ねると、こう返事が返ってきた。

 

「井上はちょっと違うなぁ。あまり、ああいうタイプはいない」と。

 

ちょうど井上がプロ2、3戦目の頃だろうか、その言葉を聞いた私は、その言葉の重みを最近ようやく理解できるようになってきた。

 

恐らく彼は、今後のボクシング界の主役になっていくだろう。そして50年先、100年先も語り継がれる名ボクサーになっているに違いない。

 

これからもそんな彼を、応援し続けていきたいと思った。

 

Photo by : shinji_w,Dreaming in the deep south

 - Boxing, スポーツ

スポンサーリンク

アドセンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

  関連記事

今年2014年大晦日(おおみそか)のボクシングの出場選手は誰が出る?”THE BEST OF BEST”!

  今年も残すところ僅か。あと1ヶ月と少しですね!あ~今年も終わるって …