Hot一息

誰がホットする!?ような記事をつづっていく!!

アンビリバボー!ロードレーサー”宮澤崇史”が母親を助ける為に「生体肝移植」を決断!!

      2015/12/14

 

“絆”。決して断つことのできないつながり。この言葉は「家族」をはじめとした、「人」そして可愛がっている「動物」や、執着する「物」などにも、あてはまる言葉ではないでしょうか。

 

数ある言葉の中でも、大事な言葉のひとつではないでしょうか。

 

そこで今回は、昨年、現役引退を表明され、日本のトップレーサーでもあった自転車競技選手の“宮澤崇史(みやざわたかし)”さんが描いた夢と、その母親である“純子”さんとの絆についてのエピソードを、少し触れさせていただこうと思います。

 

オリンピック代表にも選ばれ、数々の実績を残してきた自転車競技選手”宮澤崇史”さんの選手生命とは・・・

 


宮澤崇史さん(36)。彼の夢・・・それは、日本一のロードレーサーになること。TVなどで中継されていた“ロードレース”を、小さいときから好んでよく観ておられたそうです。

 

そんな崇史さんの夢をいつも傍らで見守り続けたのは、母の純子さんでした。崇史さんの父は、彼が6歳の時に他界されたそうです。

 

女手ひとつで育てていくのに崇史さんの夢は、高いハードルでもあり、なんでも、自転車競技のプロを目指すのには高額な費用がかさんでくるからです。

 

それでも純子さんは、息子の夢を支えたいという思いから生活を切り詰め、息子をバックアップしたという。

 

親心ですね。自分の子供の為に全力を注ぐ愛情が伝わってきます。

 

そんな愛情もあってか彼は努力を重ね見事“プロ”になり、日本や海外のレースなどに出場し着実に実績を残していったといいます。夢へ向けて一歩、また一歩と確実に前進していく彼。

 

しかし、彼の選手生命にも関わってしまう誰も望んでいない出来事が起こってしまうのです・・・

 

母・純子さんが肝臓の病状悪化で倒れてしまう・・・

夢に向かって歩みだしていたそんな矢先に、母・純子さんが難病により、倒れてしまったのです・・・

 

医師から告げられたのは、「移植手術をおこなわなければ、助かることはない」という宣告。

 

純子さんは、「息子の選手生命に影響が出てしまってはいけない・・・」と気遣って、手術を受けないつもりでいたという。

 

そんな状態の母を放っておくはずもなく、崇史さんは自身の肝臓の一部を生体移植「参考:移植(医療)「wikipedia」」で純子さんに提供することを決断しました。

 

「果たしてこの先100パーセントの力で走れるのか、このまま選手生命が終わってしまうんじゃないか」という不安は、決してなかったとは思いません。

 

「ツール・ド・フランス」という夢・・・


移植を終えた崇史さんはその後、競技に復帰されました。そしてイタリア留学の経験がある彼は、個人登録選手としてフランスで活動を続けていたのだそうです。

 

その後も日本や海外であらゆる大会へ精力的に出場し、2008年には北京オリンピックの日本代表選手に選出され、2010年には全日本自転車競技選手権大会で優勝を飾るなど、数々の実績を残していきました。

 

そんな彼にはいつしか、世界最大の自転車レースと称される「ツール・ド・フランス」「参考:ツール・ド・フランス「wikipedia」」を走りたいという夢が芽生えていたのでしょう。

 

“ツール・ド・フランス”とは、毎年7月におよそ3週間にわたりフランスとその周辺国で行われる非常に大規模な自転車プロロードレースです。

 

そしてこの見返りというのは、各賞が設定されており、その賞に応じて黄色緑色水玉白色といったリーダージャージ(カラージャージ)が貰えます。

 

中でも「マイヨ・ジョーヌ」という黄色のジャージは、総合優勝者の証でとても価値のあるジャージなのだそうです。

 

そんなツール・ド・フランスを走りたいという夢を、現役時代に達成することができずにいましたが、“2014ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム”で、マイヨジョーヌを着たイタリアの“ヴィンチェンツォ・ニバリ”選手や、山岳賞ジャージを着た“ラファウ・マイカ”選手等の先頭を走るなど、大観衆の前でその勇姿を見せつけていました。

 

その時、母・純子さんは会場で応援に駆けつけておられ、温かく見守っておられたんだそうです。

スポンサーリンク

18年間の選手生命を終え、引退・・・


そしてそれを最後に現役を引退されました。

 

自身のブログでは

 

今季をもって引退する事を決意いたしました。
ジャパンカップが、UCIレース最後のレースとなりました。
きちんと気持ちの整理をつけたのが10月になってからだったので、レース前のプレゼンで突然の報告となり、最後のレースに臨みました。

私の頭で思い描く走りと、結果がイコールにならなくなり、チームに貢献する事が出来ない事が最大の理由です。

私は、「ヨーロッパで勝つ」事を目標に今まで走ってきました。
その目標を変える事無く、最後まで貫く事が私の自転車人生でした。

右も左もわからず実業団のレースを走っていた時代に、大門監督がイタリアで走る機会を作ってくださいました。そして選手を辞める最後の年も大門監督の元で終了しました。

私が強くなれるきっかけをくれたもう1人の監督、浅田監督は我儘勝手な私の性格をいつも見守ってくださり、レースに集中させてくれる大きな存在でした。

大門監督も浅田監督も、私がレースで結果を出したら、よい走りをしたら、いつも満面の笑顔で迎えてくれました。
監督の笑顔が見たくて。
そう思いながら、勝つ為に集中して走ってきました。

そして陰の監督、タイの中川さんは、私が壁を乗り越える事を無言で見守り、うだるような暑い日も、長く続く雨の日も、連日200kmを越えるペーサーをしてくれました。
また、私の将来を信じて常に支えてくれた母。

私は そんな人達のおかげで強くなれたのだと感じています。

そして、スポンサー様、ファンの皆様、、私を支えてくれる家族や友人の応援・ご支援により、長い間走らせてもらえた事に心から感謝の気持ちを伝えたいです。

18年間、本当に多くの声援をありがとうございました。
そして、これからも自転車界に少なからず貢献できるよう、1から努力していきたいと思っております。

宮澤 崇史

引用:宮澤崇史オフィシャルブログ「BRAVO」Powered by Ameba

 

などと、引退の理由や関わった人全てに対して、感謝の気持ちを綴っておられます。

 

「結果というまえに、目標に向かって最後まで貫き通す」というところに力強い信念を感じました。そんなスポーツマンらしい志が日々のモチベーションをも上げていたのでしょう。

 

これはスポーツ以外でも言えることなんじゃないでしょうか。目標を立てたら途中で諦めたりせず、最後の最後までやりぬくという精神。

 

失敗すればまたやり直せばいい。失敗を恐れてやらないほうが後悔する。最終的には、やるかやらないかの二択。考えていても始まらない。

 

いつやるの?今しかないでしょ!!ほんとにコレですよ(‘_’)

 

それともうひとつ考えさせられたことは、人はやっぱり一人では生きられないんだということ。冒頭でも述べていますが、

 

今の自分がここまで成長できたのも、自分をとり巻く周りの人達のおかげなんだということ。関わってきた色んな人の協力があってこそ、今の自分がいる。

 

そしてまた自分も周りの人に影響を与えているということ。そう思うとみんな繋がるような気がします。だから巡り会えた人すべてに感謝。

 

そんなことを今回は深く考えさせられるエピソードでした。

 

尚、2月5日(木)放送の「奇跡体験!アンビリバボー」で宮澤崇史さんのエピソードが紹介されますので気になる方は、是非御覧になってください。

 

Photos by : musumemiyuki,zoonabar

 - 奇跡体験!アンビリバボー

スポンサーリンク

アドセンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

アンビリバボー!「マルファン症候群」という難病を発症した元バスケ選手の下地一明さんの現在は・・・!?

原因が見当たらない病、突然襲われる病、当然これらは誰しも、伴いたいと願って掛かる …

オクサナ・チュソビチナ(女子体操選手)の息子が白血病!?現在は??

  誰よりも努力家で愛に溢れているウズベキスタン生まれの女子体操選手チ …

アンビリバボー!ダニエル(妻)とマット(夫)の奇跡の愛物語・・交通事故により記憶を失うも・・・

    お金で買えない価値がある。とはよく言ったものだ。お金で買えるも …

街中が感動!アメリカ・アイオワ州の亡き妻”ブレンダ・シュミッツ”が新しい家族へ託した手紙・・・

  寒い!でも冬は好き!っていう方も多いんじゃないでしょうか?私もその …

アンビリバボー!宙に浮く石があるだとっ!?長崎県で奇妙な出来事が・・・原因は?!

みなさんこんにちは!世界中には私達が未だ知らないことが星の数ほどあります。とても …

アンビリバボー!臓器移植手術を経て、「狂犬病(コウモリ)」が原因で命を落としたアメリカの”ジョシュア”のエピソード・・・

謎の病。これは生きているうえで誰もが必ずと言っていいほど、経験していることかもし …

「嫌がらせ弁当」ことキャラ弁がアンビリバボーに登場!?ブログで話題になり本も発売?

  みなさん、こんにちは!世間ではもう少しで「卒業」や「入学」を迎える …

アンビリバボー!「ブライニクル」という”死のつらら”が南極の海底を一瞬で凍らせる脅威とは!?

  みなさん、こんにちは!今年ももう2月。つい最近までは、お正月~!な …

エチオピアのダロル火山には七色温泉という神秘的な光景がある!!

  世界にはとても神秘的なものが山ほど存在します。今回は昼と夜の顔があ …

アンビリバボーで紹介されたカメラ付きリングケース”リングカム”の値段や取り寄せは?

  みなさま本日からまた急に冷え込んできましたね。((+_+))僕の地 …