Hot一息

誰がホットする!?ような記事をつづっていく!!

「嫌がらせ弁当」ことキャラ弁がアンビリバボーに登場!?ブログで話題になり本も発売?

      2015/12/13

 

みなさん、こんにちは!世間ではもう少しで「卒業」「入学」を迎えるこの時期。いつもこの季節になると、思い出深い学生生活が頭をよぎります。楽しかったことや辛かったこと、色々な思い出がたくさんありました。

 

大人になった今でもその思い出は鮮明に残っていて、これからも私の中の記憶から決して消えることはないと思います。「お金で買えない価値がある」なんて言いますが、まさにこれです。それは一生の宝物だと思っています。

 

なんてちょっとクールなことを言いましたが(笑)、今回は少し前から巷で話題になっている「嫌がらせ弁当」について追っていこうと思います。

 

母親と娘が”お弁当でつながった絆”とは?

 

先程から出てきている「嫌がらせ弁当」なのですが、それは一体どんな弁当なんだ?と疑問をもたれる方も多いと思うのですが、少し前から話題にあがっているので、既にご存知の方もいらっしゃると思います。

 

そこでこの「嫌がらせ弁当」はどんな弁当なのかというと、見た目は「キャラ弁」です。しかしこのキャラ弁、ただのキャラ弁じゃないんです。

 

かと言って、ものすごく精度が高くキャラ自身がしゃべったり動いたり、キラキラ発光したりとかそうゆうんじゃないんです。(クオリティは半端ないレベルです)

 

そこには、母親から娘への深~い愛情が込められていたのです・・・

 

3年間に渡り作り続けた「嫌がらせ弁当」の数々・・・

シングルマザーであり2人の娘をかかえるttkkさん。彼女の娘さん(次女)が3年間の高校生活を送っていたのと平行して、この「嫌がらせ弁当」を作り続けたのだそうです。

 

3年間も毎日作り続けたきっかけというのは、高校入学当初、反抗期だった娘に腹をたてた母親(ttkkさん)がなにか仕返しをと考えていた時、思いついたのがこの仕返し弁当こと「嫌がらせ弁当」だったそうです。

 

反抗期の子供というのは、こちらがちょっとなにか言っただけでそれが何十倍になって返ってきたり、無視をされたりと非常に手を焼かされますよね。

 

その仕返しというのを「弁当」で対抗するという発想がまた凄いです!一般的な弁当を作るだけでも毎日となると面倒なのに、それ以上手間隙がかかるキャラ弁を作り続けたというんですから、これにはすごく驚かされました。

 

そんな「嫌がらせ弁当」というのは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


等々、非常にユニークでバラエティ豊富でユーモアたっぷりなお弁当です!!クオリティが高すぎて、思わず笑ってしまいました(笑)

 

時には優しく、また時には怒るなどの感情がお弁当に反映されています。親と子の楽しそうなやりとりが温かくじんわりと伝わってきます。

 

そんな愛情たっぷりのお弁当を毎日作り続けておられたわけですが・・・

 

高校卒業を迎える娘への最後のお弁当・・・

娘さんが高校卒業を迎える最後のお弁当の日、母は自身のブログで

 

とうとうやって来てしまいました…

娘へのお弁当ラスト日。

『終わった!!』という喜び

『もう作れないのか…』という
寂しさが入り混ざっております。

高校に入学してから
始まったお弁当作り

雨の日も
風の日も

いやいや汗汗

それ
お弁当作りに関係なくね!?

寒い日も
暑い日も

体調が悪くても
二日酔いでも

二日酔いでも

二日酔いでも…

うん
二日酔いは多かった苦笑

毎朝
早起きをして作るお弁当は大変で
逃げ出したくなるときもありました。

普通に作るだけでも大変なのに
キャラ弁ともなると

時間はかかるし
手間はかかかるし
大変さは倍以上。

『ママ~、明日は○○のキャラ弁ね♪』
なんて
娘が喜ぶようになったら
キャラ弁なんてやめようと
決めていたけれど
そんな声はあるわけもなく…

そうなると
お弁当作りも戦いよね

私とあなたの戦いふん

戦いと言っても
ママひとりが
勝手に戦ってたんだけどね苦笑

でも
そんな戦いを続けてるうちに
お弁当作りは楽しさに変わりました。

ランチタイムに
お弁当のふたを開けた時の
あなたの顔を想像しながら作るお弁当。

それは楽しくて…

逃げ出さずに
3年間もお弁当を作り続けられたのは

普段
何もしてあげられなかった
あなたへのママなりの愛情。

お弁当を通じ
いろんな事を教えてくれたあなたへの
感謝の気持ち

お弁当には
たくさんの思いがこもっていたんです。

そんなお弁当が
今日でラストなんて…

そう思うと
やっぱり悲しいよね

はい
おはようございます

お弁当を作り続けて3年

3年間というのは
長いようで短く
あっという間に
経ってしまうものなのですね…。

この3年間
娘は
沢山の事を学んだことでしょう

何を語るわけでもないし
何かを見せるわけでもないですが
日々の生活のなかで
私には
娘の成長がしっかりと見えていました。

そして
私も
娘から沢山の事を学ばせてもらいました。

いろいろな事があったけど

お互いに成長できた
最高な3年間だったと思います。

引用:ttkkの嫌がらせのためだけのお弁当ブログ

 

と綴っておられ、その最後のお弁当が・・・

表彰状♪

あなたは…

表彰状的な?

これ、絶対に
ひとりじゃ食べきれないよね苦笑

最後の最後で
この嫌がらせ

最高すぎるでしょ ・・・フッ

そう、
卒業と言えば

お弁当だけでなく
高校卒業も近づいてきております。

高校を卒業すれば
今までとは違う世界が待っています。

たくさんの事を経験し
たくさんの事を学んで
成長してもらいたいものですね。

その前に

残りわずかな
高校生活があります。

おもいっきり楽しんで
素敵な思い出を作ってくれたらと思ってます。

最後の高校生活

あんた、
弾けちゃいなよ

引用:ttkkの嫌がらせのためだけのお弁当ブログ

 

というものでした。娘に対する想いをお弁当という形で表現した母親の愛情・・・きっと娘さんに伝わっていると思います。

スポンサーリンク

その3年間の内容が書籍化されることに!!

そして娘さんの高校生活3年間で、毎日作り続けた母の「嫌がらせ弁当」の記録がなんと書籍化されることになったのです。

 

 

逆襲とかタイトルがまた面白いですね(笑)

 

世の中にはさまざまな愛情表現がありますが、今回のお弁当作戦には度肝を抜かれました。

 

尚、この嫌がらせ弁当の内容は2月26日(木)放送の「奇跡体験!アンビリバボー」で紹介されると思いますので、気になるかたは是非!!

 

Photo credit:ttkkの嫌がらせのためだけのお弁当ブログ

 - 奇跡体験!アンビリバボー

スポンサーリンク

アドセンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

アンビリバボー!ロードレーサー”宮澤崇史”が母親を助ける為に「生体肝移植」を決断!!

  “絆”。決して断つことのできないつながり。 …

ニュージーランド・テカポの「絶景星空」がまさにアンビリバボー!!美しすぎる光景にはオーロラも!

  世界には、私たちの知らないことが未だにたくさん存在します。私たちの …

アンビリバボー!臓器移植手術を経て、「狂犬病(コウモリ)」が原因で命を落としたアメリカの”ジョシュア”のエピソード・・・

謎の病。これは生きているうえで誰もが必ずと言っていいほど、経験していることかもし …

アンビリバボーで紹介されたカメラ付きリングケース”リングカム”の値段や取り寄せは?

  みなさま本日からまた急に冷え込んできましたね。((+_+))僕の地 …

アンビリバボー!「泣き虫ピエロの結婚式」愛と死の50日間・・・望月美由紀さんの笑顔に込められた思い・・

  愛・・・。一言では到底説明のつけれない言葉であろう。たまに、愛とは …

アンビリバボー!「ブライニクル」という”死のつらら”が南極の海底を一瞬で凍らせる脅威とは!?

  みなさん、こんにちは!今年ももう2月。つい最近までは、お正月~!な …

アンビリバボー!「マルファン症候群」という難病を発症した元バスケ選手の下地一明さんの現在は・・・!?

原因が見当たらない病、突然襲われる病、当然これらは誰しも、伴いたいと願って掛かる …

エチオピアのダロル火山には七色温泉という神秘的な光景がある!!

  世界にはとても神秘的なものが山ほど存在します。今回は昼と夜の顔があ …

アンビリバボー!ダニエル(妻)とマット(夫)の奇跡の愛物語・・交通事故により記憶を失うも・・・

    お金で買えない価値がある。とはよく言ったものだ。お金で買えるも …

街中が感動!アメリカ・アイオワ州の亡き妻”ブレンダ・シュミッツ”が新しい家族へ託した手紙・・・

  寒い!でも冬は好き!っていう方も多いんじゃないでしょうか?私もその …