Hot一息

誰がホットする!?ような記事をつづっていく!!

2256年からやってきたアメリカのタイムトラベラー”アンドリュー・カールシン”!株の取引で大儲け!?

      2015/12/14

 

みなさん、こんにちは!早速ですが、未来からやってくる者、もしくは未来が見える者、そんなことが実在するとあなたは思いますか?

 

もし仮にあなたが未来を見ることができるとしたら、何を望みますか?私なら何を望むかな・・・んー急すぎて思いつかない。そんなもんですよね。だってそんなことありえないと、もっぱら否定しているからでしょうねww

 

しかし、この広い世の中には決して否定できない事例も存在します。

 

そこで今回は、今年2015年から数えて241年後の2256年からやってきたと言われるアメリカの”アンドリュー・カールシン”について、少しみていきたいと思います。

 

世界ワンダーXでも紹介される”アンドリュー・カールシン”!3億5千万ドルを手に入れたワケとは?

 

やはり世界はスケールが大きいな!と思わせてくれたのはアメリカ男性の“アンドリュー・カールシン”さん!

 

さて、この男性の何がすごいのかということですが、彼は株の取引をし、たった2週間という期間で3億5,000万ドル(日本円でおよそ340億円)もの大金を手に入れた、まさに夢の男!しかも、元手わずか800ドル(約8万円)で。

 

うそっーー!!って思うでしょ?でも嘘じゃないんです。これがまた事実なんですよ(゜o゜)!!

 

しかし、そんな彼が・・・

スポンサーリンク

インサイダー取引の可能性があると疑いをかけられFBIに逮捕されてしまう?!


そうなんです。そんな巨額が動くと世間も黙ってませんよね。FBIにインサイダー取引「参考:内部者取引「wikipedia」」の可能性があると疑われ、逮捕されてしまったんです。

 

そして独房に入れられ、4時間に渡って取り調べを受けていたいた時、捜査官が「こんな短期間でどうやってこんな巨額を手に入れたんだ」と質問したところ、カールシンから驚くべき答えが返ってきました。

 

その内容は「私は時間旅行者(タイムトラベラー)であり、2256年からやってきた。だから、株価の変動などもわかるんだ」というものでした。

 

この返答にはFBIも??となったことでしょうww

 

そして彼は、自分の言い分を証明するためにある予言をしました。その予言とは、「アメリカがイラクに対し、侵攻する日を言い当てる」ということでした。そして驚くべきことに、それは彼の予言どおり実行されたといいます。

 

またこの他にも、エイズの治癒法を教えるなど言いましたが、FBIはそれを全て信じようとはしませんでした。

 

そして、FBIは彼が逮捕される以前の情報を得ようと捜査しましたが、結局有力な情報は何も得られませんでした。

 

それから、彼の行動はアメリカの“ウィークリー・ワールド・ニュース”“Yahoo!ニュース”などのメディアによって報道され、全米から注目を浴びる存在となった。

 

そんな彼は現在、カナダに住んでいて会社を経営しているという。

 

いやーこんな不思議な能力を持つ人もいてるんですね(~o~)しかし、気になることが1つあるのですが、未来からやってきて予言できるのに、自分が逮捕されることは予期できなかったのかと・・・(笑)

 

んー謎です。

 

Photo by : CityGypsy11,Doug Kline

 - 不思議探求バラエティー ザ・世界ワンダーX

スポンサーリンク

アドセンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly

Comment

  1. a より:

    未来ったって自分が逮捕された未来から来たわけじゃないし、
    本人が予知しているわけではなく、そもそも未来で知り得た情報を持ってきただけですから、逮捕されるのはわからなくて当然ですよ!!

    • hothitoiki より:

      確かにそうですね。その時代の情報をただ持ってきただけですもんね。もし自分が逮捕されることまでを知り尽くし、自分の生涯を網羅できていたとするならば、それは神に肩を並べれる存在レベルですね!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

関連記事はありませんでした